Duolingoでのスペイン語学習

'Duolingo'とは、携帯の言語学習アプリです。

私はスペイン語を話せるようになりたくて、これまでスペイン語レッスンを数回受けていますが、まだスペイン語で会話できるレベルではないためいくつか問題がありました。

1.先生も私も英語が話せるために英語で会話してしまうことで、費用対効果としては効率が良くない

2.基本的な文法と語彙があまりにも少なすぎるため、言いたいことがちっとも言えない

もちろん、個人レッスンをみっちりと受けられるほどの時間とお金に余裕があればいいのですが、そういうわけにもいかず、なんとかならないものかなぁと思っていました。スペイン語の教材も積んだまま・・。

今年こそスペイン語学習をなんとかしたい(依然として目標がぼんやり)という目標があったのです。そこでふと目にとまったあるfacebookの記事。

www.lifehacker.jp

Bufferのコンテンツクラフター(っていう仕事がどういうものなのか想像つきませんが)であるこの人は、これまでフランス語を学習しても続かなかったという経験があったのです。

彼がそうだったように、私も、スペイン語学習をかじっては続かないという原因が、「高すぎるハードル」を課していたからということにあったのでしょう。

なるほど良さそうだと思い、Duolingoというアプリをすぐに試してみました。ちなみに、私はスペイン語を勉強するときは英語で勉強したほうが効率がいいと思っているので、英語とスペイン語のバージョン(日⇔西があるのかは知りません)でやっています。

まず、単語学習をしますが、ここには視覚効果も使用されています。

視覚から単語を選ぶ、英語⇔西語で単語一致

そのあとは文章です。単語を使ったシンプルな文章の並び替え、翻訳、さらには音声入力でスピーキング。これらを5分で終えられます。

目標設定もできて、継続の記録が1週間分出てきます。

この記事を見つけたのは2月だったと思いますが、それからほぼ毎日、1日5分ほどの学習をしています。忙しかった3月から4月にかけては、「あっ!忘れてた!」という週もあったのですが、4月に入ってからは忘れることも少なくなりました。

本当は、朝起きてやる、など時間を決めて習慣にするのが一番なのでしょうが、まだそこまではいっていません。それでもやり忘れることが少ないのは、なにしろ手軽だからです。1日5分でいいのです。携帯は常に身近にあるので、学習環境としても完璧です。

現在まで学んだところはざっと以下のとおりです。

単語は、名詞(食べ物1と2、動物、衣服、家族、家具・家庭用品)と形容詞(大きさ)、代名詞の所有格

基本的な一般動詞現在形

フレーズはあいさつ、質問

1日5分の目標ですが、実際は5分以上やってしまいます。週末などはソファでごろごろしながら6レッスンくらいやってしまうこともあります。スピーキングは文が音声で流れてくるのを真似して、携帯に向かって話すのですが、きちんと発音されているとクリア。だめだと数回やりなおしさせられて、「今回はダメですからスキップして次に行きましょう」というあっさりとしたメッセージで、「これができるまでは次に進ませませんよ」というどこかのスパルタ教師のような意気込みは感じられません(笑)

でもクリアしてやるぞ、という気持ちになります。

 

というわけで現在まではなんだんかんだ続いているスペイン語学習です。今年いっぱい続けていって年末にどうなっているかが楽しみです。

applision.com